rurico amaki

記事一覧(79)

音楽療法手作り楽器〜七夕 天の川③〜

連載ブログというのは初めてだなぁと思いながら、、、今回も張り切って書いていきます!七夕 天の川①では川になる部分の作り方を七夕 天の川②では星の作り方、天の川完成までを紹介しています🌌✨さて、今回は七夕セッションの流れ🎋子どもたちの反応について書いていきます♩インスタグラムでも書きましたが、今回セッションを行ったのは知恵遅れと判断された未就学の子どもたち。だいたい8人〜10人のグループです。2歳児と親で参加してもらっています。問いかけ7月7日は何の日ですか〜?と問いかけ、親子で会話を促します。ここで正解が出てくることを目的としていません!なんでもいいから親子で関わってもらいます。(子どもの様子)親と関わる子もいれば、ボーっとしている子親にくっついたまま全然見向きもしてくれない子と様々でした。そこでおしい解答や言葉がでたら少し会話を膨らませても楽しいですね😊「7月7日は七夕です。織姫さんと彦星くんが一年に一度、会える日なんですよ〜。それでは七夕さまをみんなで歌っていきましょう。」なんて言いながら、歌唱に移っていきます。歌唱まずはどんな曲だったかみんなに伝えるために一度歌唱します。今回のメインで使う曲なので、最初に歌唱がないと最後まで「知っている曲なのに歌えなかった」とモヤっと感が出てしまったりするので、活動をする前に確認のつもりで一度歌唱します。そして歌い終わったら活動に移ります。みんなで天の川を探す旅に出よう!歌い終えたら、セラピスト(以下セ)「みんなで天の川を探す旅に出よう!」と言いみんなで円になって歩きます。伴奏者は歩きやすいテンポで伴奏、みんなが歩くようになったら、七夕さまを歌いながら歩きます。(子どもの様子)自ら歩く子親に抱っこしてもらう子そして………みんなで歌っている途中にセ「あ!何か見えたよ!」と歩いている動きを止めて、流れ星を出します。(今回は伴奏者の子が作ってきてくれました)